忍者ブログ

みるくいろのこねこ

2018 . 01
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    12 2018/01 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    最新コメント
    [03/05 DianeTodd]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    No Name Ninja
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    P R

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    4番目のサブプロットアメリカ大陸では、リチャードと スーザンのメキシコ人乳母アメリア(アドリアナバラッザ)はカリフォルニアの自宅での双子の子供傾向が行われます。スーザンリチャードのためおよびモロッコにされて、ア メリアの子供たちの世話をすることを余儀なくされます。他からの助けを確保することができないそれらの世話を する、彼女の息子の結婚式のために、メキシコティファナ、付近の農村ではなく、それを逃しよりもそれらを取ることを決定。彼女の甥サンチャゴ(ガエルガルシアベルナル)を提供 しています、彼女との結婚式に双子。彼らは無事にし、国境を越えて、子供、すぐにメキシコ の文化やストリートシーンで直面している。結婚式のお祭り騒ぎも、夜にではなく、より拡張する小 さな子ども連れのメキシコでの1泊滞在し、アメリア決めるのはアメリカにサンティアゴへドライブする。彼はひどくとの国境彼の行動を不審に警備員を飲み続け ている。アメリアが、4つすべての旅行者のためのパスポートを 持つ子供の両親アメリカ合衆国のそれらを取り出すことができるからの同意のない手紙。酔って、サンティアゴtrespassesの境界線。彼はすぐに、警察はオフにリードしようとすると(われ われは彼の最後の運命の)を学ぶことはアメリアとは、砂漠の中に子供を放棄します。食料や水、アメリアと子供なしで撚り線の夜は、砂漠 で過ごすことを余儀なくされます。もし彼女の助けを得ることはできませんが、すべての死 ぬことを認識し、アメリア相手を見つけることではなく、移動にご注文の背後にある子どもの葉。彼女は結局、米国の国境警備官を検出します。逮捕されたアメリアを配置した後、彼女は、その役員の 旅行に戻るが、子供たち左は彼女がいたがないのです。アメリアバック国境警備局、彼女が最終的には、子ども たちが発見されているその父親、リチャードながら、非常に怒って、告発しないことに同意して通知されて撮影されます。しかし、彼女は米国からの彼女が、不法就労されて強制 送還される必要があります。彼女の抗議行動は、彼女が米国では16歳とされていた 彼らの生活の継続のための子供の寛大な処遇を確保しないでください見てきました。映画の終わり近くに、観客は、ティファナのメキシコ側 の交差点で、彼女の結婚式に着ていた赤いドレスはまだ彼女の会議の息子見ている。

    映画は、アメリアとリチャードは、電話のリチャードの 端から繰り返される間の電話での会話の終わりに。このアメリアの話の冒頭には、元の携帯電話の呼び出し です。この会話の中でそれがスーザンの妹が双子を見ることが できる彼はアメリアの息子の結婚式に行くことができると聞いたことができます。それは別の電話機には、次の朝まで彼らは、スーザンの 姉とそれらの世話をすることはできませんので、アメリアとの子供を強制的に学ぶコールされていない彼女。
    [編集]主要キャストと文字

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]